Tverで「ファイナルカット」は無料視聴できる?

亀梨和也さん主演で人気の「ファイナルカット」はTverで無料視聴できるのでしょうか?気になる人も多いはず。

このページでは「ファイナルカット」がTverで無料視聴できるのかどうか紹介します。

この記事に書かれている内容は…

Tverでファイナルカットは視聴できるのか?

Tverでファイナルカットは視聴できるのか?

残念ながらファイナルカットはTverでは配信されていませんでした。ドラマ本編も番宣用の動画すらTverには一切ありません。

フジテレビのサイトであるFODでも見放題作品の対象外となるPPV作品で、1話視聴するのにポイントが必要になる状態でした。フジテレビのサイトでもPPVになるような作品はTverでは配信されないケースが多いです。

Tver以外のサイトでもYouTubeなどにアップされている著作権無視の動画は軒並み削除されていますし、もし残っていても著作権無視の動画なので視聴してはいけません。

もし、ファイナルカットが見たい人はフジテレビのFODで視聴するのが最適な方法となります。無料で楽しみたい場合にはポイントプレゼントキャンペーンなどをうまく活用するとお得に視聴することができるでしょう。


⇨【知らなきゃ損する】FODをチェックしてみる[PR]

ファイナルカット1話の感想「すごく考えさせられるドラマ」

(40代女性の感想)
すごく考えさせられるドラマです。無実の母親を勝手に殺人犯に仕立て上げられ自殺まで追い込んだ人たちと真犯人への復讐計画がどうなるか、どう展開していくかが楽しみです。亀梨和也さんの色んな職業の姿がなかなかよいです。

「ファイナルカット」の1話の登場人物で好きなキャラとその理由

亀梨和也さんが演じる主人公、人によってキャラの代わりよう、杉本哲太さんに対する反撃のあの台詞まわし静かさに対して感情的になる場面、見ていて少し気分がスッキリした気分になりました。

佐々木蔵之介さんの存在も何かあるのか気になるし、破れた調書やあの弁護士一家の姉妹と亀梨和也さんの三角関係にも気になる

「ファイナルカット」の1話のトロフィーたたきつけエピソード

藤木直人の会議の時のトロフィーを壊すまでたたきつけて急に冷静になるところや、杉本哲太さんが矢田亜希子さんに吐き捨てたことばを亀梨和也に吐き捨てられ氷のような態度から、感情的に怒鳴りつける所や佐々木蔵之介さんの存在も今後気になる。

ファイナルカット1話の感想「悪によって悪を制す」

(30代男性の感想)
悪によって悪を制すタイプの復讐物語。気になるのはやっぱり主人公の慶介が最後まで無事でいられるかどうかですね。

真っ当な手段でやり返すのならばわりと安心して見ていられますが、慶介の場合はその内に敵から逆襲されそうでハラハラさせられます。どんな結末が待っているのか楽しみです。

佐々木蔵之助さんが気になる

第一話で登場した人物では、佐々木蔵之助さんが演じている高木刑事が気になりますね。敵か味方かはまだ分かりませんが、12年前の事件に関わっていたのは間違いなさそうです。今後は彼の動きから目が離せなくなりそうです。

秘密組織のエージェント風

慶介と大地がファイナルカットの素材を集めるために色々と工作をするシーンが好きです。ああいう秘密組織のエージェントみたいな仕事ぶりは見ていてワクワクしますね。しかしやり過ぎるといつか自分達が逆に調査されてしまうかも?

ファイナルカット1話の感想「役者さんたちもとても豪華」

(40代女性の感想)
プロデューサーの立場を利用して、取材映像を切り貼りしてねつ造したイデの悪事を、隠し撮りした映像を同じく切り貼りして晒し弱みを握ったことで、母親の冤罪を晴らすきっかけを掴んだケイスケ。「目には目を」という感じで、すかっとしました。

また、役者さんたちもとても豪華で、それぞれが今後、どのようにストーリーに絡んでくるのか楽しみです。

藤木直人さんの豹変ぶりに恐さ

藤木直人さん演じるニュースキャスターが好き。今回は仕事のできる役どころですが、プロデューサーが報道済みの内容を謝罪したとの話に激昂したあとの、穏やかな微笑みへの豹変ぶりに恐さを感じるとともに、これからの立ち位置がどうなるのか気になりました。

ケイスケがワカバ

ケイスケがワカバにUFOキャッチャーで「WAカバ」のぬいぐるみを取ってあげるシーン。おどけた態度のケイスケに、不機嫌だったワカバが思わず笑顔になり、とても可愛かったです。

二人は付き合っているのかと思いきや、そうではない上に、ケイスケはワカバに偽名を使っているようでどういうことなのか、興味を惹かれたシーンでもあります。

ファイナルカット1話の感想「ジャニーズの子が出演」

(30代女性の感想)
亀梨くんファンにはたまらないドラマだなと思いました。また、ほかのジャニーズの子も出演しているので、女性は楽しんで見られるのではないかと思いました。大切な母親を失った悲しみを抱えながら、どのように復讐していくのか見ていきたいです。

栗山千明演じる奥手な女性

一話の登場人物の中で好きなキャラは、栗山千明演じる雪子です。聡明なイメージの栗山さんが、男性にはあまり縁のない感じの奥手の女性をどのように演じていくのか楽しみだからです。また、この後、妹と恋の三角関係になりそうなのでそれも見どころだと思います。

母親の焼うどん

一話の好きなエピソードは、主人公が高校生くらいのころに、学校から帰ってくると母親が焼うどんを作ってくれている場面です。仕事で忙しい中、息子のために夕ご飯を作ってくれる母とそんなのいいのにと母を思いやれる息子が素敵だと思いました。

ファイナルカット1話の感想「ジャニーズだけじゃなく内容も面白かった」

(50代女性の感想)
ジャニーズのメンバーがでるのはよく見ます。内容がとても面白かったです。

きっと世の中で本当に同じような経験をされた方がいるのではないかと思います。マスコミやネットの間接的な罪世の中の人々など、すべてを信じてはいけない自分で確かめる必要性など社会派ドラマです。若い人にも見てもらえそうですし実力のある演技派の俳優さんも出ていて見ごたえがありました。

印象に残った俳優が多い

印象に残ったのは3人。

一人は高木雄也君、演技というより印象が今までとは違っていたのではじめは誰かわからない。わかってても高木君に見えなかったです。

そして、杉本哲太さん嫌な人のやくですがすごみがありながらもペコペコしたり欲と力に生きてる感じです。

最後は藤木直人さん少しやせた感じがしますが大物感を出している迫力はすごかったです。

橋本環奈ちゃんでホッとする

橋本環奈ちゃんとのシーンは見ていてドラマの中でもホッとするちょっと笑顔が出ます。どちらかというと緊張感のある展開の中でいい具合に力を抜いてそこからまたしっかりとみる。二人の姉妹をどうしていくか?二人の姉妹はどうなっていくのかとても楽しみです。

ファイナルカット1話の感想「テーマが面白い」

(40代女性の感想)
メデイアに対する復讐ドラマというテーマが、面白いです。ワイドショーの実情などを観てフィクションとも思えなそうなリアルな所も良いです。亀梨さんは、メデイアに対する怒りを抑えながらも冷静に復讐する青年役を好演していると思います。

「ザ・プレミアワイド」の百々瀬に注目

「ザ・プレミアワイド」の百々瀬に注目です。番組に出演しているときのにこやかさと怒っているときの百々瀬のギャップが、好きです。井出に対して怒っているのをみてこの人は、ワイドショーに本気なぶんだけ何でもやる人だと思いました。藤木さんの暴れ方も良かったです。

「ファイナルカット」の1話の好きなエピソード

百々瀬が、井出に怒りトロフィーを持って暴れまわるシーンです。穏やかな司会者だと思っていたら暴れだして怖いけれど言っていることは、納得できるところもあり印象的なエピソードでした。司会者としての責任を感じました。

ファイナルカット2話の感想「第二話の慶介のターゲット」

(40代女性の感想)
第二話の慶介のターゲットはディレクターの真崎でした。12年前の事件で、慶介の母親に味方のフリをして近づき色々話させて、放送になったら母親が悪い様に編集して、自分のスクープを上げる事しか考えていませんでした。これでは慶介に恨まれて仕方ないですね。

自身も子供がいて、子供の為に頑張ると言っていましたが、母親がこんな仕事をしていたら、悲しいと思います。最後には百々瀬に復讐するのか、楽しみです。

主人公の中村慶介が好き

2話と言わず、主人公の中村慶介が好きです。母親をとても大切に思っていて、かっこよくて、我が子もこんな息子に育ってくれたら嬉しいです。容赦ない復讐も怖いけれど、やられて仕方ない人にしかやらないので、むしろ、スッキリします。

小川原姉妹の兄の謎

小川原姉妹が、何も知らずに慶介の話で盛り上がってるところが、かわいかったです。でも、二人とも同じ人に本気になって、正体が判った時どうなってしまうのか気になります。兄について、両親と雪子は知っているようですね。

ファイナルカット2話の感想「俳優のキャラクターが強い」

(50代男性の感想)
それぞれの俳優のキャラクターが強くはっきり立つよう描かれて良かったです。当然主人公の亀梨和也は被害者であり根源的な悲しみと怒りをもーっているため他のキャラクターは多かれ少なかれ描き方は違うが悪者になっていますね。

水野美紀さんが好き

ワイドショー番組のディレクター真崎久美子です。ミーハーで申し訳ないですが水野美紀さんが好きだからです。魅力を感じる女優が演じる役がいかに悪い酷い人間でも好きになってしまうということは演技力が足りないということでしょうか。

「ファイナルカット」の2話の好きなエピソード

ワイドショー番組の「プレミアワイド」の女性ディレクター真崎久美子がスクープのためなら手段を選ばない取材をすることから殺人事件の容疑者が逮捕直前に逃亡してしまうところです。無神経なテレビの行為により人を殺めた人物を逮捕しなければならない社会正義に屈辱と怒りが生まれるからです。

ファイナルカット2話の感想「手段を選ばない女性ディレクターへの復讐」

(20代女性の感想)
今回は、スクープのためなら手段を選ばない女性ディレクターへの復讐でしたが、今回もスカッとさせていただきました。

亀梨さん演じる慶介の復讐は続くのですが、復讐相手へ送るプレゼントとして紹介される動画はスリルがあり編集にとても時間をかけているのだと思います。ドラマの中でさらに編集された動画や視聴者が見ていないシーンがたくさん出てくるところはとても楽しく見ています。

毎回楽しい高木さん演じる大地の潜入ぶり

第二話で好きなキャラクターは、高木さん演じる大地の潜入ぶりは毎回楽しみにしています。

前回はお弁当屋さん、今回はバイク便と次はなんだろうとワクワクしながら見てしまいます。今後も様々な役に扮して潜入してくれるかと思うと今から楽しみです。

世の中の姿を映し出したドラマ

今回のストーリーでは、女性ディレクターのやりすぎた報道の仕方がとても印象に残っています。事件の関係者を犯人に仕立て上げたり、犯人とされる人物に単独で取材をしたりととても行き過ぎた行動だと感じました。

実際にここまでとは感じませんが、現在のテレビ番組をはじめとする番組や新聞などのメディアは一部の人を徹底的にたたき上げる、そんな世の中の姿を映し出したドラマだと思います。

ファイナルカット2話の感想「」

(20代女性の感想)
亀梨和也さんが演じる慶介さんが復讐に火をどんどんつけて行く様子が第2話では感じられました。今回の水野美紀さん演じる真崎さんのワイロを渡して演じてもらう常套手段では怒りが露わになっており、復讐にもいつもより怒りが巻き建てられていたと思いました。

第1話から着々とすすめる慶介

好きな人物はやはり、主人公である慶介さん。自分の母親を殺人犯に仕立て上げられ、第1話から着々と復讐を進めている様子がすごいと思います。

もし、自分の母親を殺人犯にされたら早川慶介さん以上に怒りがあるものの、何もできないでいるだろうなと思っています。

真っ当な仕返し

水野美紀さん演じる真崎さんが賄賂で犯人の独自インタビューを実行しているのを証拠として録音機や、カメラで伝えるところが、正義があるというか真っ当な仕返しだなと感心していました。今後第3話から誰の復讐に移って行くのか楽しみです。

ファイナルカット2話の感想「メディアというものの恐ろしさ」

(20代女性の感想)
私は今回はじめて見たのですがメディアというものの恐ろしさを感じました。

亀梨さんのお母さんが亡くなった時のことを考えると情報の流し方で人に与える印象が変わるのだと感じたし、とらえ方もいろいろあるなと。

水野さんがとてもいい感じに人でなしの記者を演じられていました。人としてぎりぎりのことをしているけど仕事熱心という意味ではすごいなと思いました。

水野さんの人でなし記者

水野さんの人でなし記者は好きです。仕事のためなら何でもするという感じを受けました。法を犯すぎりぎりなのではと思うこともあるしいけないことだけどそれをやりきって認めてもらおうというしている姿はある意味すごいです。

「ファイナルカット」の2話の好きなエピソード

亀梨くんが小型のカメラなどで水野さんを追い詰めていくところが好きです。的確な証拠を撮って相手の弱みを握り確実に追い詰めていくところがいいですね。相手も逃げられないしいうことを聞くしかない。本当はそんなこといけないことだけどそれでもやはり多少制裁が加えられたことがいいのでかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする